原料・素材・成分などなど・・・

エゴマ油ってどんなもの?

エゴマ(えごま)とは?

エゴマは、シソ科に属する1年草です。 原産地はインド、中国などで、日本では縄文時代から食べられてきたと言われています。

エゴマの和名は地方によって、「エ(荏)」「エゴマ(荏胡麻)」「ジュウネン」等々、
異なった名前が多く存在することからも、エゴマが古くからの作物であることを裏付けていると考えられています。

エゴマにまつわることわざも多く、そのなかのひとつに「じゅうねん(エゴマの別名)食べると十年長生き」というものがあります。
エゴマが古くから健康に良いと知られていたことがうかがわれますね。
また、会津地方では虫刺されや漆かぶれにエゴマをすりつぶして塗ると良いとも言われ、薬のように使われてもいました。



エゴマ油とは?

エゴマ油は、エゴマの種子を搾った油です。 その歴史は古く、平安時代にさかのぼります。

日本で初めて製油された油は、エゴマ油だったと言われいます。 用途は、おもに「明かり」の原料、灯明油でした。
その他にも傘に使う防水用など塗布用の油として利用されるなど、生活に欠かせないものでした。



「健康に良い」と大注目のエゴマ油

現在では食用として使われており、最近では、「健康に良い」とされる成分が多く含まれていることで大変注目されています。
その成分とは、α-リノレン酸です。

エゴマ油には、α-リノレン酸(アルファリノレン酸)が60%前後も含まれています!

α-リノレン酸は、必要なのに体内ではつくることができないので、食品などから摂る必要があり、【必須脂肪酸】と呼ばれています。



目次ページにもどる  

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

《 営業日、営業時間変更のお知らせ 》

当面の間、

■営業日を月・水・金

■営業時間を10時~16時

とさせていただきます。

ページトップへ