疲れと健康にまつわるあれこれ

慢性疲労と慢性疲労症候群の違い

近ごろ疲れが取れないから、慢性疲労症候群かも… なんて思ったことはありませんか?

「慢性疲労」と似た言葉なので同じものと勘違いされている方もいるようですが、
慢性疲労と慢性疲労症候群は全く異なるものなのです。

大きな違いは、「慢性疲労症候群は病気である」ということです。

慢性疲労症候群(CFS:Chronic Fatigue Syndrome)は、筋痛性脳脊髄炎(ME:Myalgic Encephalomyelitis)とも呼ばれています。

 これまで健康に生活していた人が、ある日突然、原因不明の激しい全身倦怠感に襲われ、それ以降、強い疲労感とともに微熱、頭痛、筋肉痛、脱力感や、思考力の障害、抑うつ等の精神神経症状などが長期にわたって続き、健全な社会生活が送れなくなるという病気です。

慢性疲労症候群の患者は、脳内の広い範囲で炎症を起こしていることなどがわかってきましたが、
医学的な調査や研究は進められているものの、いまだに原因不明で、治療法の開発が進められているところです。


一方、慢性疲労とは疲労感が長期間続く状態を指します。
医学的にみると、「慢性」の定義は通常、症状の発症から3ヶ月や6ヶ月を経過したあたりをいいます。

つまり慢性疲労とは、「睡眠でも回復しづらい疲労」が3か月以上続いている状態といえるかもしれません。

とはいえ健康にとって、たとえ3ヶ月未満であっても「疲労が回復しない状態」はいいことではありません。
質の良い睡眠を心がけるなどして、疲労は早い段階で回復することが大切です。


  ■ 慢性疲労・・・疲労感が長期間(3か月以上)続いている状態

  ■ 慢性疲労症候群・・・ 原因不明の強い全身倦怠感とともに、微熱、頭痛、筋肉痛、思考力の低下、抑うつ、不安などが長期に続いて、健全な生活が送れなくなるという病気

Feyell〈フィエール〉
オフィシャルフェイスブック

フェイスブックページの いいね! おねがいします♪

乳酸菌生産物質について

おなかの健康にまつわるあれこれ

疲れと健康にまつわるあれこれ

からだにまつわるあれこれ

原料・素材・成分などなど・・・

お客様の声

サービス一覧

Feyell〈フィエール〉とは?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

店長日記

こんにちは!店長の関です。
ご来店ありがとうございます。
店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ