疲れと健康にまつわるあれこれ

慢性疲労症候群とは?

 慢性疲労症候群とは

慢性疲労症候群(CFS:Chronic Fatigue Syndrome)は、筋痛性脳脊髄炎(ME:Myalgic Encephalomyelitis)とも呼ばれています。
原因不明の激しい疲労感や倦怠(けんたい)感などが続いて日常生活が困難となる病気です。
日本国内に30万人の患者がいるとも推測されています。

慢性疲労症候群の人の脳を詳しく調べると、脳の中に炎症が認められることがわかってきました。
しかし他にはこれといった特徴がなく、保険診療で認められている検査では異常がみつからないなど、
その原因・実態はよくわかっていません。

診断基準も確定しておらず、病態の解明や診断、治療法の開発が進められているところです。

 慢性疲労症候群の診断基準

慢性疲労症候群の診断基準は、国内外で多少の違いはありますが、大前提として「原因不明の強度の疲労が長期間(一般的に6ヶ月以上)に及び継続する病気」である、ということです。

それに加えのどの痛みや筋肉痛、不眠など基準となる症状が認められる場合に「慢性疲労症候群」と診断されます。

»慢性疲労症候群の診断基準について詳しくはこちら

Feyell〈フィエール〉
オフィシャルフェイスブック

フェイスブックページの いいね! おねがいします♪

乳酸菌生産物質について

おなかの健康にまつわるあれこれ

疲れと健康にまつわるあれこれ

からだにまつわるあれこれ

原料・素材・成分などなど・・・

お客様の声

サービス一覧

Feyell〈フィエール〉とは?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

店長日記

こんにちは!店長の関です。
ご来店ありがとうございます。
店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ