乳酸菌生産物質を知ろう!

乳酸菌生産物質の良いはなし

守りのチカラと善玉菌

もともと人間は、風邪などの外敵や疲れに対抗して自分自身を守るチカラを持っているものなのです。

しかし、食生活の乱れや生活リズムの乱れ、加齢などの影響でそのチカラは弱まってしまいます。
きっとそう感じている方も多いのではないでしょうか。

実は、そのチカラを司っているのはおなかの中、すなわち腸内なのです。

腸内の善玉菌は身体への悪影響を抑えるためのスイッチ

腸内には善玉菌や悪玉菌などと呼ばれる細菌が棲みついているという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

腸内の善玉菌は、さまざまな要因からくる身体への悪影響を抑えるためのスイッチになっていることがわかっています。
そのため善玉菌が減ると、消化吸収力の低下や免疫力の低下などのトラブルになってしまうのです。
便秘や下痢も引き起こすので腸内の状態はさらに悪化し、悪いサイクルに陥りがちです。

ヨーグルトなどを食べて腸まで届く乳酸菌(いわゆる善玉菌)を摂るのはそのサイクルを止めるためですね。


善玉菌は体に良い成分を作り出し、悪玉菌は毒素を作り出すので、善玉菌が優勢でないと身体に悪い影響が出てきます。
しかし腸内で善玉菌がきちんと働いてくれない限り、良い成分も作り出すことができません。

食生活や生活リズムの乱れによっておなかの中の環境が悪くなれば、
いくら善玉菌が優勢でもきちんと働くことができなくなってしまうのです。

そこで私たちが注目したのは「乳酸菌生産物質」です!


 乳酸菌生産物質をさらに知る

マイページへログイン

新規会員登録

フィエールについて

お得な定期コース

お試し版980円

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

《 営業日、営業時間変更のお知らせ 》

当面の間、

■営業日を月・水・金

■営業時間を10時~16時

とさせていただきます。

ページトップへ