乳酸菌生産物質を選んだ理由は?

乳酸菌が生きて腸まで届いて…どうなる?

生きている乳酸菌を食べると・・・

実は生きた乳酸菌を食べたとしても、多くは腸にたどりつくまでに
胃酸や胆汁などの影響を受けて死滅してしまうため、生きて腸まで届くことはほとんどありません。

なので最近は、胃酸などに強い菌や、腸で溶けるカプセルに生菌を入れた製品などが盛んに開発されています。
ですが生菌(生きている菌)が腸にたどりつけても、おなかの中に定着することが難しいと言われています。


食べた生菌はおなかに定着しない

腸内には、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」などが腸内フローラをつくっています。
腸内フローラとは、産まれたときから腸内にすみついた様々な菌がつくり上げた状態のこと。
腸内細菌は種類ごとにグループになり、各々で相互に影響しながら一つの大きなまとまりをつくり上げています。

乳酸菌が、たとえ生きたまま腸内にたどりついたとしても、
この腸内フローラを形成している腸内細菌(常在菌)に「異物」とみなされ排出されてしまうのです。

生菌を食べても、おなかに定着することが難しいと言われるのはそのためです。

生きて腸まで届いた乳酸菌の働きとして考えられること

では、なぜ機能性ヨーグルトやサプリメントなどで「生きて腸まで届く乳酸菌」が話題なのでしょう・・・?

それは「イメージの良さ」ということもあるのかもしれません。

生きたまま腸に届くと、そのまま棲みついてくれるというイメージがありますし、
「活きの良さ」を好む日本人にとって、死んでしまう乳酸菌より生きて腸まで届く乳酸菌のほうが良いイメージがあるのかもしれません。

けれども、生菌が腸内に定着することは難しいことは先述のとおり。

でも、トクホになっている「生きたまま腸に届く乳酸菌」のヨーグルトや生菌のサプリメントが、 実際に腸内の環境を改善することがわかっています。
腸内細菌がヒトに与える影響については、近年研究が盛んで日進月歩で新しい発見がされていますが、
まだまだ未知の領域も多い分野です。

生きたまま腸届いた乳酸菌が、どのようにして私たちの健康に影響を与えているのかは、はっきりとは解明されていませんが、
その理由のひとつとして次のようなことが考えられます。

生菌が腸に届いて与えると考えられる影響

A )腸内に生きてたどりついた菌が、便として排出されるまでの間に生産した物質(=乳酸菌生産物質)が、腸内環境に影響を与えている。

B) 腸内にたどりついた菌が死んでしまった場合は、それ(死菌体)が善玉菌のエサとなり、結果として腸内の菌が増える。


このように、腸内の善玉菌を増やしているのは、
乳酸菌が生産した物質=「乳酸菌生産物質」であり、
「菌体」である、ということも言えるのかもしれませんね。



当店の乳酸菌生産物質には、乳酸菌が産生した物質=「乳酸菌生産物質」と、菌体(殺菌)が入っています。
フィエールが乳酸菌ではなく、乳酸菌生産物質をおすすめする理由はそこにあります。

マイページへログイン

新規会員登録

フィエールについて

お得な定期コース

お試し版980円

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

《 営業日、営業時間変更のお知らせ 》

当面の間、

■営業日を月・水・金

■営業時間を10時~16時

とさせていただきます。

ページトップへ