美容や健康にまつわるよみもの

カフェインって、体に良いの?悪いの?

カフェインのメリットデメリット

眠気覚ましにコーヒーを一杯。緑茶を飲んで一息入れる…。
日常的に私たちはカフェインをとっています。

カフェインのとりすぎはよくない、となんとなく聞きかじったりしていますが、 実際にはどうなのでしょうか?
カフェインのメリットデメリットについて考えてみたいと思います。


カフェインのメリット

覚醒作用

カフェインの代表的な作用は覚醒作用、いわゆる眠気覚ましですね。

これは交感神経を活発にする作用があるためです。
集中力が増したと感じるのもこのためですね。

利尿作用

血液の収縮作用から、腎臓に多くの血液が送りこまれるようになります。
結果、尿の量が増え、余分な水分が体の外に出されるので、体のむくみや血圧を下げることができます。

片頭痛の緩和

脳の中で血管が拡張するために起こる片頭痛。
カフェインには血管を収縮させる作用があるため、 これを緩和する効果が期待できます。
頭痛薬にも、よく使われています。

その他メリット

そのほか、代謝が活発になったり、 極端な食欲を抑えてくれたりするので、
ダイエットにも効果的だといわれています。



カフェインのデメリット

胃が荒れる

カフェインには胃酸分泌する作用があるため、
空腹時などに過剰にとったりすると、胃酸によって胃が荒れるケースがあります。

睡眠の質を下げる

カフェインには覚醒作用があるため、 寝る前にとったりすると眠れなくなったり、眠りが浅くなったりします。


依存性がある

カフェインの覚醒作用を求めて、繰り返しカフェインをとっていると、 体が反応しにくくなります(カフェイン耐性)。
そうなると、より多くのカフェインを求めてしまうようになります。

そのほか、利尿作用によってトイレがちかくなったり、
妊娠中は代謝速度の低下からカフェインの分解に時間がかかる他、
胎盤から胎児へ影響する可能性があるといわれています。



このようにカフェインはとり方によっていいようにも悪いようにもなるんですね。


カフェインとの上手な付き合い方

それは、摂取量と時間です。

まず摂取量、健康な成人で1日340mg程度、妊婦さんは1日200mgといわれています。
レギュラーコーヒー1杯150mlとして、含まれるカフェインの量は大体90mg、煎茶1杯で30mgでしょうか。
コーヒーは1日2~3杯までにとどめておいたほうがいいかもしれませんね。

またカフェインの覚醒作用は大体30~50分後くらいに現れます。
眠気覚ましに…と思うなら、1時間前くらいにとるようにするのがおすすめです。

そして、カフェインの効果は5時間から12時間程度と長く続くことがあります。
カフェインをとって夜眠れない人などは、寝る前だけでなく、お昼にとったコーヒーなどを疑ってみる必要があります。

また、ここでお知らせしたカフェインの安全量は、あくまでも一般的な量で、
カフェイン感受性が高い人などは安全な量でも、眠れなくなったりします。

カフェインはその量で薬にも毒にもなる成分。
自分の適性な量を見極めて、リラックスタイムを楽しみたいですね。


目次ページにもどる 



マイページへログイン

フィエールについて

お試し版980円

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

《 営業日、営業時間変更のお知らせ 》

当面の間、

■営業日を月・水・金

■営業時間を10時~16時

とさせていただきます。

ページトップへ