からだにまつわるあれこれ

冷房病にならないために

冷房のきいた部屋で長時間過ごしていたりすると、自律神経の乱れにつながり、体の不調をまねく事態になりかねません。

ですが、暑い夏、熱中症対策にも冷房は欠かせないですよね。

冷房病にならないためには、冷房を上手に利用したり、自分の生活を見直すことが必要です。

いくつかの対策をご紹介しますので、ご自身の生活にあうものからはじめてみてはいかがでしょうか?

 

冷房の温度を見直す

 

エアコンの温度は25~28度℃がよいとされています。

ですが、実は体感温度は人それぞれ。「寒い」と感じない温度が基本です

また、外気温との差が大きいと、体への負担は大きくなります。

年配の方などは、体感温度を感じにくいので、28度を目安にしておき、外気温などをかんがみて、

温度を設定するとよいでしょう。

 

エアコンの風に直接当たらないようにする

 

エアコンの風に直接あたると、体温が急速に奪われます。

風向きを変える、または人感センサーなどで直接人に風が当たらないエアコンにするなど、工夫をしてみましょう。

ちなみに私は職場のエアコンの吹き出口へ、風向きが変わるように羽をつけてもらいました。

 

服装を工夫する

 

公共機関や職場などでは、温度を自由に調節できません。

そんな時のために、上着やひざ掛け、腹巻などを利用しましょう。

特に腹巻は腹部を温めると、全身の温度も上がりやすく、おススメです。

 

シャワーではなく、湯船につかる

夏はシャワーだけで済ましたくなりますが、低めの温度ゆっくりとつかるようにしましょう。

湯船の中で、ふくらはぎなどをマッサージすると、より効果的です。

 

温かい食べ物を意識的に取り入れる

お茶を飲む人

夏は、食欲がない上に、冷たいものを選びがちです。

冷たいものばかりを食べていると胃腸を冷やし、体調を崩しかねません。

意識的に温かい食べ物や、飲み物をとるようにしましょう。

また、ショウガやネギなど体を温める働きのある食材などオススメです。

 

適度な運動を

 

ウォーキングする人

 

運動不足は、筋肉の弱化につながり、血液の流れが悪くなりがちです。

日ごろから良く歩くことが大切ですが、真夏日で外に出れない日や仕事中などは、

ずっと同じ姿勢で座っていたりしないよう、気を付け、少し歩いたり、

体をリラックスさせる軽いストレッチをしたりするよう心がけましょう。

乳酸菌生産物質について

おなかの健康にまつわるあれこれ

疲れと健康にまつわるあれこれ

からだにまつわるあれこれ

原料・素材・成分などなど・・・

お客様の声

サービス一覧

Feyell〈フィエール〉とは?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

店長日記

こんにちは!店長の関です。
ご来店ありがとうございます。
店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ