腸のはたらき

腸管免疫の特徴

腸管免疫には、主に以下のような特徴があります

1.経口免疫寛容

腸管の免疫には、食べ物などに含まれている 大量のたんぱく質によって引き起こされる過敏な免疫反応を防ぐために、 経口免疫寛容機構が働いています。

これは、「食べ物のたんぱく質や腸内細菌に対しては免疫反応をしない」というはたらきで
これがないと食物アレルギーを発症することがあります。



2.パイエル版

腸壁にはさまざまな免疫器官が局在しています。
そのうちの、「パイエル板」は独特でかつ重要な免疫器官です。

パイエル板は、病原菌やウイルスなどの外敵を捕獲し、全身に外敵が侵入してきた情報を伝えます。
また、パイエル板の腸管免疫細胞群が、侵入してきた外敵の抗体をつくり、 病原菌などが体内に入り込むことを防いでいます。



3.腸内細菌

腸内細菌も、腸管免疫に大きな影響を与えていることがわかってきました。
腸管免疫系の細胞が腸内細菌体成分を認識し、その情報によって腸管免疫系が正常に働くように調節しています 。



腸管免疫まとめ



カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

《 営業日、営業時間変更のお知らせ 》

当面の間、

■営業日を月・水・金

■営業時間を10時~16時

とさせていただきます。

ページトップへ