腸のはたらき

腸のやくわり

食べたものは、どこで「体内」に取り込まれるの?

全長およそ9メートルの「消化管」と呼ばれる消化器官のうち、腸は、そのうちの9割近くを占めています。
腸は、「大腸」と「小腸」の2つの部位に分けることができ、消化器官としての主な役わりはつぎのとおり。

1.口から入った食べ物を最終的に消化・分解する。
2.必要なものを体内へ摂りこみ、不要なものを排出する。

口から入った食べ物は、各器官で分泌された消化酵素により、徐々に分解され、
体内に取り込むことのできる栄養素の状態にされます。

栄養素に分解された食べ物は、小腸で吸収されます。
多くは毛細血管から肝臓に蓄えられ、必要に応じて静脈から心臓を通って全身へ運ばれます。

腸のはたらき

このように、口から入った食べ物は、 腸にたどりついてからようやく「体内」に取りこまれることになります。

ここで、おや?っと思った方もいらっしゃるかもしれません。
『腸にたどりついてからようやく「体内」に・・・』 という部分です。

そう、実は「腸内」は「体内」ではないのです。


体内の対外

口から大腸までは次のようにつながっています。

(1)口腔(口からのどまで)
(2)咽頭(のどから食道の入り口まで)
(3)食道
(4)胃
(5)小腸
(6)大腸

この、一本の管のようにつながった消化器官を「消化管」と呼びます。
そして、消化管は「体内の体外」とも言われています。

例えば、人のカタチを極限まで単純化し、1本の管(消化管)を通します。 ちくわのような形を想像してください。

外気に触れている部分を「体外」と考えると、 ちくわの身の部分が「体内」、穴の中は「体外」というわけです。

実際、口から入った食べ物は、腸で栄養素の形で体内に取りこまれます。
いわば、腸は体内への玄関口になっているのです。


腸内は体内への「玄関口」

ところで、この玄関口から体内へ入ろうとするのは、栄養だけではありません。

食べ物と一緒に口から入ってきた病原菌やウィルスも、ここから体の中に入ろうとします。
そこで、腸の持っているもう一つの大切な役割があるのです。

それが「免疫」です。

腸には免疫細胞が集中していて常に外敵菌などが侵入しないように守っています。


次の項目へ 腸管免疫とは?


マイページへログイン

新規会員登録

フィエールについて

お得な定期コース

お試し版980円

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

《 営業日、営業時間変更のお知らせ 》

当面の間、

■営業日を月・水・金

■営業時間を10時~16時

とさせていただきます。

ページトップへ