腸内細菌と腸内フローラ

大切なのは「バラエティ」と「バランス」

大切なのは「バラエティ」と「バランス」

私たちの大腸には多種多様の腸内細菌がすんでいて、最近の研究では3500種類を超えるとも言われています。

腸内フローラを形成する腸内細菌は、その働きにより「善玉菌」や「悪玉菌」などと呼ばれています。

けれども、近ごろでは腸内細菌叢が遺伝子レベルで解析可能になり、
今まで「善玉菌」とされてきた乳酸菌の中にも悪さをする種類がいたり、
「日和見菌」としてあまり注目されていなかった菌が、実は人にとって有益な働きをしていることが判ったりしているそうです。

もはや腸内細菌を「善玉」と「悪玉」に分けるような考え方は単純すぎるのでは? という声も聞かれます。
とはいえ、健康のため、腸内環境を「善玉菌優勢」の状態に保つことに間違いはありません。



おなかのバランスは思いのほか繊細

腸内細菌のエサは、私たちが食べた食事です。
ですから、善玉菌が好む食事をすれば善玉菌が、悪玉菌が好む食事をすれば悪玉菌が、元気になります。

腸内細菌のバランスは「善玉菌優勢」が理想とされていますが、
善玉菌は生活習慣の乱れやストレスなどで減ってしまいます。さらに年齢とともに減少してしまうことがわかっています。



バランスの取れた毎日を過ごすには?

悪玉菌が増えすぎないように心がける

● 暴飲暴食を控える
● ストレスを溜めこまないようにする
● お肉ばかりなどの偏った食事をしない

善玉菌が増えるような食事を摂る

【食物繊維】こんにゃく、海藻類、キノコ類、豆類、根菜など
【オリゴ糖】大豆、ごぼう、とうもろこし、たまねぎ、バナナなど
【発酵食品】納豆、みそ、キムチ、漬け物、ヨーグルト、チーズなど



目指すは〈2:1:7〉の黄金バランス!

腸内のバランスは、善玉菌「2」、悪玉菌「1」、日和見菌「7」の割合が、一般的に理想とされています。
決して、善玉菌100%の状態が良いわけではありません。

例えば「大腸菌」は悪玉菌ですが、外敵菌が侵入した場合にはこれを攻撃して、私たちの健康を守る役目も持っています。


腸内フローラのバランスが一時的に崩れると、便秘や軟便などの症状が現れます。
そして、悪玉菌優勢の「バランスが崩れた状態」が長く続くと、悪玉菌が作り出す有害物質が私たちの健康に悪影響を与えます。

健康に大切なのは「バランスが取れた状態」を心がけることです。




カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

《 営業日、営業時間変更のお知らせ 》

当面の間、

■営業日を月・水・金

■営業時間を10時~16時

とさせていただきます。

ページトップへ