腸のはたらき

腸のやくわり

食べたものは、どこで「体内」に取り込まれるの?

全長およそ9メートルの「消化管」と呼ばれる消化器官のうち、腸は、そのうちの9割近くを占めています。
腸は、「大腸」と「小腸」の2つの部位に分けることができ、消化器官としての主な役わりはつぎのとおり。

1.口から入った食べ物を最終的に消化・分解する。
2.必要なものを体内へ摂りこみ、不要なものを排出する。

口から入った食べ物は、各器官で分泌された消化酵素により、徐々に分解され、
体内に取り込むことのできる栄養素の状態にされます。

栄養素に分解された食べ物は、小腸で吸収されます。
多くは毛細血管から肝臓に蓄えられ、必要に応じて静脈から心臓を通って全身へ運ばれます。

腸のはたらき

このように、口から入った食べ物は、 腸にたどりついてからようやく「体内」に取りこまれることになります。

ここで、おや?っと思った方もいらっしゃるかもしれません。
『腸にたどりついてからようやく「体内」に・・・』 という部分です。

そう、実は「腸内」は「体内」ではないのです。



体内の対外

口から大腸までは次のようにつながっています。

(1)口腔(口からのどまで)
(2)咽頭(のどから食道の入り口まで)
(3)食道
(4)胃
(5)小腸
(6)大腸

この、一本の管のようにつながった消化器官を「消化管」と呼びます。
そして、消化管は「体内の体外」とも言われています。

例えば、人のカタチを極限まで単純化し、1本の管(消化管)を通します。 ちくわのような形を想像してください。

外気に触れている部分を「体外」と考えると、 ちくわの身の部分が「体内」、穴の中は「体外」というわけです。

実際、口から入った食べ物は、腸で栄養素の形で体内に取りこまれます。
いわば、腸は体内への玄関口になっているのです。



腸内は体内への「玄関口」

ところで、この玄関口から体内へ入ろうとするのは、栄養だけではありません。

食べ物と一緒に口から入ってきた病原菌やウィルスも、ここから体の中に入ろうとします。
そこで、腸の持っているもう一つの大切な役割があるのです。

それが「免疫」です。

腸には免疫細胞が集中していて常に外敵菌などが侵入しないように守っています。



次の項目へ 腸管免疫とは?


腸管免疫とは?

腸は免疫器官

「腸」の役割って何だろう?と考えたときに、
まず、思い浮かぶのが次に挙げる3つのはたらきではないでしょうか。

 (1)食べたものを消化吸収する
 (2)便を作る
 (3)便を外に出す

食事で口から入った食べ物を、 最終的に消化し、必要な栄養素を吸収し、不要なものを排泄する・・・
腸は、生命維持に書かせない大切な仕事を担っています。

そして最近話題になっている、もうひとつの重要な働きがあります。
それが、『免疫』です。



腸管はからだの中で最大規模の免疫器官

腸管で働く免疫機能とは、
食べ物とともに入ってくる病原菌やウイルスなどの外的は排除し、
必要なものは取りいれて常に生体を守るシステムです。

『腸のやくわり』のページで「腸を含む消化管は『体内の対外』と言われている」とご説明したとおり、
腸は食べ物と一緒に入ってきた様々な有害物質に絶えずさらされています。

だからこそ腸には、病原体やウイルスなどを撃退する「免疫細胞」が集結しています。

その数は、体中の免疫細胞のおよそ7割!
それほど大量の免疫細胞が、栄養や水分を吸収する腸の壁のすぐ内側に密集して、 外敵の侵入に備えています。



「腸」は健康のカギ

以上のように腸は、  
 ● 栄養を体内に取り入れる  
 ● 外敵から身を守る という、
生命維持に欠かせない大切な仕事を担っています。

【腸がすべての健康のカギ】といわれるのも納得ですね。



次の項目へ  腸管免疫の特徴とは?


腸管免疫の特徴

腸管免疫には、主に以下のような特徴があります

1.経口免疫寛容

腸管の免疫には、食べ物などに含まれている 大量のたんぱく質によって引き起こされる過敏な免疫反応を防ぐために、 経口免疫寛容機構が働いています。

これは、「食べ物のたんぱく質や腸内細菌に対しては免疫反応をしない」というはたらきで
これがないと食物アレルギーを発症することがあります。



2.パイエル版

腸壁にはさまざまな免疫器官が局在しています。
そのうちの、「パイエル板」は独特でかつ重要な免疫器官です。

パイエル板は、病原菌やウイルスなどの外敵を捕獲し、全身に外敵が侵入してきた情報を伝えます。
また、パイエル板の腸管免疫細胞群が、侵入してきた外敵の抗体をつくり、 病原菌などが体内に入り込むことを防いでいます。



3.腸内細菌

腸内細菌も、腸管免疫に大きな影響を与えていることがわかってきました。
腸管免疫系の細胞が腸内細菌体成分を認識し、その情報によって腸管免疫系が正常に働くように調節しています 。



腸管免疫まとめ



Feyell〈フィエール〉
オフィシャルフェイスブック

フェイスブックページの いいね! おねがいします♪

インスタグラム


 Feyell<フィエール>
 公式インスタグラム

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

《 営業日、営業時間変更のお知らせ 》

当面の間、

■営業日を月・水・金

■営業時間を10時~16時

とさせていただきます。

モバイルサイト

ページトップへ