原料・素材・成分などなど・・・

ビタミンとは?

皆さんビタミンという栄養素はご存知かと思います
また、ビタミンが体のなかでいろいろな役割を持つということも聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。
そこで、あらゆる「ビタミン」について、それぞれがどんな作用を持っているのか、どんな性質なのかなど、詳しくご説明したいと思います。

まずは、「ビタミン」そのものについてです。

ビタミンとは?

ビタミンとは人の成長や健康の維持に不可欠な栄養素で、13種類あります。
「ビタミン」という名前ですが、英語表記では「Vitamin」であり、「生命」を意味するラテン語「VITA」が語源となっています。
不可欠といってもエネルギーになったり体の構成成分になったりというものではありません。体の機能を正常に維持するため、他の栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物など)がうまく働くための潤滑油のような働きをしているのです。

ビタミンはとても微量で作用しますが、人の体内ではほとんど作ることができないため、食事から摂取する必要があります。
摂取する量が少ないと、ビタミンの種類それぞれに特有の欠乏症を引き起こしてしまいますが、摂取しすぎても過剰症が起こってしまうものもあります。
通常の食事では過剰症になることはほとんどありませんが、サプリメントの併用などで知らず知らずのうちに過剰な量のビタミンを摂取してしまうことがあるかもしれません。
サプリメントを使用する場合には、摂取方法や摂取量などに注意し、気になるようであればお医者様や専門家などに質問してみてくださいね。

ビタミンの種類

始めにビタミンは13種類と書きましたが、その13種類を「油脂に溶けやすいビタミン=脂溶性ビタミン」と「水に溶けやすいビタミン=水溶性ビタミン」との2種類に分けることができます。

・脂溶性ビタミン
油脂やアルコールに溶けやすく、水に溶けにくいビタミンです。
ビタミンA、D、E、Kが該当します。
油脂に溶けやすく、水溶性ビタミンに比べて熱にも強い性質を持つため、
油と一緒に調理すると吸収率が良くなります。
また、体内に貯蔵されやすいので欠乏はしにくいですが、過剰に摂取すると人体に害を及ぼす場合(過剰症)があります。

・水溶性ビタミン 
水に溶けやすい性質を持つビタミンです。
ビタミンB群、Cが該当します。 水に溶けやすく熱に弱い性質を持つため、水洗いすることや加熱調理により損失は大きくなります。
野菜などは茹でてしまうと茹で汁に溶け出た水溶性ビタミンを捨ててしまうことになるので、水溶性ビタミンを摂取するための効率のいい調理方法とは言えません。
あまり長時間中まで加熱せず、周りの水に溶け出させてしまうことのないような「生食、蒸す、炒める」などの調理方法が向いているといえます。
また、過剰に摂取しても尿などから排出されるため過剰症になることはほとんどありませんが、
「取り貯め」することができないので毎食ごとに適度に摂取する必要があります。

Facebookページ

乳酸菌生産物質について

からだにまつわるあれこれ

原料・素材・成分などなど・・・

お客様の声

サービス一覧

Feyell〈フィエール〉とは?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

店長日記

店長イラスト

こんにちは!店長の関です。
ご来店ありがとうございます。
店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ