からだにまつわるあれこれ

基礎代謝をあげるために、筋肉を増やそう!

★未来の自分のために、筋肉量をあげよう!

ウォーキング

ダイエットの成功のためには基礎代謝量をあげることが大切です。

⇒基礎代謝量をあげるには?

その基礎代謝量をあげるために、とても重要になってくるのが筋肉量です。

なぜなら、筋肉量があがれば、必然的に基礎代謝量が上がってくるからです。


また、筋肉をつけるということは、骨をささえる面でも大変重要なことです。

腰痛や膝、肩の痛みなど年齢とともに増えてくるのは、

筋肉の衰えが原因の可能性があります。


整形外科の先生に「今、筋肉をつけておくのは、10年後の未来の自分のためですよ」

といわれたことがあります。

今、体には何の不調が出ていなくても、筋肉のない体では

10年後いろいろと問題が出てくるというのです。

美しいだけでなく、健康な体をキープするためにも、今から筋肉をつけることを

意識するようにしましょう。


でも、ジムに通う時間はないし、どんなトレーニングをしていいかわからない・・・

という方も多いと思います。そんな方はまず、日常生活を見直していきましょう。



・姿勢を正す

ジムのトレーナーをしている方に「普段から簡単にできるエクササイズはないのか?」

とお伺いしたところ、姿勢を正すのが一番の近道だと教えられました。

骨盤の上に上半身をのせるイメージで、正しい姿勢を保つだけで

腹筋と背筋が鍛えられるというのです。


また、通勤通学など外出時には、立ち方、歩き方に気を付けるのもおすすめ。

立っているときなどは、お尻の穴を締めるイメージでいるといいでしょう。

この時、腹式呼吸を試みると下腹に効果的です。


歩いているときは、なるべく階段を使い、足を持ち上げるようにしながら歩くようにしましょう。

軽い段差でもつまづくようなら、注意信号。ロコモティブシンドロームかもしれませんよ?


正しい姿勢を保つことは、筋肉の強化だけでなく、美しいスタイル、

颯爽とした印象をまわりに与えることができます。

毎日の生活に取り入れていきたいですね。



・タンパク質を摂る

タンパク質

タンパク質は三大栄養素のひとつで、血や肉を作るうえで欠かせない栄養素です。

プロテインダイエットというものが流行したのも、筋肉量を増やし基礎代謝量をあげるためです。


ですが、いつもの食事にプロテインドリンクなどを足しても

かえってカロリーが増えるだけで太ってしまう可能性があります。

大切になってくるのは、毎日の食事を見直すこと。

なるべく、高たんぱく低カロリーの食材を摂取するようにしましょう。


オススメなのは、納豆や豆腐などの大豆食品。

「畑の肉」といわれる大豆には必須アミノ酸がバランスよく含まれている他、

ビタミンなどほかの栄養素も豊富に含まれています。

納豆冷奴

⇒おから粉末配合の乳酸菌生産物質サプリメントはコチラ

また、食事はあくまでもバランスが大切、高たんぱく低カロリーな食材をうまく取り入れ、

食べ過ぎないことが大切です。腹八分目を基本にバランス良い食事を心がけましょう。

和食



・睡眠をとる。

実は筋肉をつけるためにとても重要なのが睡眠です。

睡眠中は筋肉の回復・発達に必要な成長ホルモンが一番分泌されやすい時間帯だからです。

また、筋肉は筋肉を傷つけて回復させるの繰り返しで強化されていきます。


筋トレを行い、きっちりと休養をとると、より効果的に筋肉をつけることができるのです。

理想的な睡眠時間は7~8時間程度といわれていますが、なかなか難しいのが現状です。


1日6時間を目標にして、寝る前はスマホやPCをいじらない、

就寝1時間まえに入浴する、なるべく決まった時間に起きるなど、

質のよい睡眠を得るようにしましょう。

眠る女のこ

Facebookページ

乳酸菌生産物質について

からだにまつわるあれこれ

原料・素材・成分などなど・・・

お客様の声

サービス一覧

Feyell〈フィエール〉とは?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

店長日記

店長イラスト

こんにちは!店長の関です。
ご来店ありがとうございます。
店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ