乳酸菌生産物質について

乳酸菌と乳酸菌生産物質

乳酸菌と乳酸菌生産物質

 乳酸菌と乳酸菌生産物質の違い

「乳酸菌生産物質は生きて腸まで届きますか?」と、ご質問を受けることがあります。

乳酸菌生産物質の説明の中で、『乳酸菌』『腸』『健康』などの単語のイメージから、
乳酸菌生産物質=乳酸菌の一種、と思われているのかもしれません。


けれども、「乳酸菌生産物質」と「乳酸菌」、実はこの2つは全く異なる性質の名称です。

乳酸菌と乳酸菌生産物質

【乳酸菌】

「ガセリ菌」「ラクティス菌」「ブルガリスク菌(ブルガリア菌)」などの、
乳酸を産出する、菌の総称



※乳酸菌の定義のひとつに、「糖(グルコース)を分解して作る代謝物の50%以上が乳酸であること」があります。
ビフィズス菌も糖から乳酸を作り出しますが、それ以上に酢酸を作り出すため、厳密には乳酸菌の一種とは言えません。

【乳酸菌生産物質】

乳酸菌やビフィズス菌が、発酵時に産出する、物質の総称

乳酸菌やビフィズス菌は、乳酸のほかにも様々な成分を産出しています。また、その成分はエサとなる培地や菌の種類、生育環境により異なります。

※ サプリメント原料などの名称で、「乳酸菌生産物質」のほか、「乳酸菌生成エキス」「乳酸菌生産エキス」などの名称があり、メーカーにより、使用する菌や培地は異なります。

このように、「乳酸菌」は、乳酸をつくりだす菌の、【生物の総称】。
一方、「乳酸菌生産物質」は、乳酸菌が発酵の過程でつくりだす【物質の総称】です。物質ですので、生死はありません。

では、なぜ「乳酸菌は生きて腸まで届くのが良い」と言われているのでしょうか?


 乳酸菌が生きて腸まで届くと・・・?

実は生きた乳酸菌を食べたとしても、多くは腸にたどりつくまでに胃酸や胆汁などの影響を受けて死滅してしまうため、生きて腸まで届くことはほとんどありません。
なので最近は、胃酸などに強い菌や、腸で溶けるカプセルに生菌を入れた製品などが盛んに開発されています。

ですが、生菌(生きている菌)が腸にたどりつけても、おなかの中に定着することが難しいと言われています。



腸内には、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」などが腸内フローラをつくっています。
腸内フローラとは、産まれたときから腸内にすみついた様々な菌が生存競争を繰り返し、その人の腸内環境に合った菌がつくりあげた生態系です。

乳酸菌が、たとえ生きたまま腸内にたどりついたとしても、
腸内で腸内フローラを形成している腸内細菌(常在菌)に「異物」とみなされ排出されてしまうのです。

生菌を食べても、おなかに定着することが難しいと言われるのはそのためです。



では、なぜ機能性ヨーグルトやサプリメントなどで「生きて腸まで届く乳酸菌」が話題なのでしょう・・・?

それは「イメージの良さ」ということもあるのかもしれません。
生きたまま腸に届くと、そのまま棲みついてくれるというイメージがありますし、
「活きの良さ」を好む日本人にとって、死んでしまう乳酸菌より生きて腸まで届く乳酸菌のほうが良いイメージがあるのかもしれません。

けれども、生菌が腸内に定着することは難しいことは先述のとおり。

でも、トクホになっている「生きたまま腸に届く乳酸菌」のヨーグルトや生菌のサプリメントが、
実際に腸内の環境を改善することがわかっています。


その理由として次のようなことが考えられます。

腸内に生きてたどりついた菌が便として排出されるまでの間に
生産した物質(=乳酸菌生産物質)が腸内環境に影響を与えている。

腸内にたどりついた菌が死んでしまった場合は、
それ(死菌体)が善玉菌のエサとなり、結果として腸内の菌が増える。

【生きてたどりついた菌】

【死んでしまった菌(死菌)】


①腸内に生きてたどりついた菌が、便として排出されるまでの間に、生産した物質(=乳酸菌生産物質)が腸内環境に影響を与えている。

②腸内にたどりついた菌が死んでしまった場合は、それ(死菌体)が善玉菌のエサとなり、結果として腸内の菌が増える。


このように、腸内の善玉菌を増やしているのは、乳酸菌が生産した物質=「乳酸菌生産物質」であり、「死菌体」である、ということも言えるのかもしれませんね。

Facebookページ

乳酸菌生産物質について

からだにまつわるあれこれ

原料・素材・成分などなど・・・

お客様の声

サービス一覧

Feyell〈フィエール〉とは?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

店長日記

店長イラスト

こんにちは!店長の関です。
ご来店ありがとうございます。
店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ