まとめページなど

ストレスを引き起こす条件

条件1・性格

ストレスを受けやすいとされる性格

真面目・頑固者タイプ

・何事にも熱心で、負けず嫌い。
・完璧を目指し、いつも忙しくしていないと物足りない。
・自分の考えをはっきり持っている。
・自分が仕事ができるだけに、人にも厳しい。

「怒り」がストレッサ―になる。少しのミスも大きな挫折感につながりやすい。

内気・お人好しタイプ

・おとなしく、内向的。
・嫌なことでも、人に頼まれれば断れない。
・まじめで仕事熱心のため、周囲からの信頼も厚い。

無理がたたって、身体の不調という形でストレスが現れやすい。

世話好き・気配りタイプ

・責任感が強く、仕事をそつなくこなし、人付き合いではたえず気を配る。
・世話好きで、自分よりも周囲や会社のことなどを優先しがち。

慣れ親しんだ環境が変わったり、
尽くしてきた人がいなくなったりすると喪失感に襲われやすい。

心配性・こだわりタイプ

・やってみなければわからない先のことが常に心配で不安。
・先のことを心配して、「うまくいくだろうか」「失敗しないだろうか」とかんがえてしまう。
・番理想が高いために、自分のだめな部分や、できていないことに注意が向きやすい。
・自分自身の問題にとらわれるあまり、よけいに苦悩が深まり、思考の悪循環にはまりやすい。

常に感じている「不安」が大きなストレッサーになる。

条件2・状況

ストレスを受けやすいとされる状況

・近親者の死や、目標を見失ったなど、喪失感が強まっているとき。
・睡眠不足や過労、体調不良など、身体的に調子が良くない時。
・転居や転勤などの環境の変化。
・女性の場合、出産や更年期などホルモンのバランスが変化する時期。

条件3・環境

ストレスを受けやすいとされる環境

・自信や、自分が価値のある存在であると認める感覚を持てない環境。
・人からの協力やサポートを得にくい環境。
・たえず身体的・心理的に脅かされ、安心感を維持できない環境。

この、ストレスを引き起こしやすい条件にある個人が、ストレッサーによって刺激され、ストレス状態になります。

乳酸菌生産物質について

からだにまつわるあれこれ

原料・素材・成分などなど・・・

お客様の声

サービス一覧

Feyell〈フィエール〉とは?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

店長日記

店長イラスト

こんにちは!店長の関です。
ご来店ありがとうございます。
店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ