からだにまつわるあれこれ

ストレスとは?

「ストレス」って、なに?

「ストレスは万病の元」というフレーズ、よく耳にしますよね。
ところで、そもそも「ストレス」とはどんなものなのでしょう?

【ストレス(Stress)】

精神緊張・心労・苦痛・寒冷・感染などごく普通にみられる刺激(ストレッサー)が原因で引き起こされる生体機能の変化。
一般には,精神的・肉体的に負担となる刺激や状況をいう。

つまり、ストレスには【精神的ストレス】と【身体的ストレス】の2種類があります。

「ストレス」を引き起こす原因(ストレッサ―)

ストレスを引き起こす原因(ストレッサ―)は、おもに次の4つに分けられます。

【身体的ストレス】

物理的ストレッサ― 科学的ストレッサ― 生物的ストレッサ―
物理的ストレッサ―

温度による刺激、
騒音などによる刺激など

科学的ストレッサ―

酸素の欠乏・過多、
薬害、栄養の不足など

生物的ストレッサ―


病原菌などによる
病気によるもの

【精神的ストレス】

精神的ストレッサ―
精神的ストレッサ―

家族や親族または職場関係の人間関係や、
死別などによるストレス。
または、職場や家庭における負担や適性、過重労働などの 苦痛や問題。所有欲、支配欲、権力欲の阻害など。

このうち、「ストレスが溜まる」と感じ、人を悩ませている原因のほとんどは 【精神的ストレス】です。

「ストレス」を引き起こす条件

ストレスは、その人が置かれている条件にも関係しています。
条件とは、もともとの【性格】、置かれている【状態】、その人にとって好ましい【環境】にいるかどうか、などです。

ストレスを引き起こしやすい条件にある個人が、ストレッサーによって刺激され、ストレス反応がおこります。

ストレッサー×条件=ストレス反応

>>【ストレスを引き起こす条件】をさらに詳しく見る

「ストレス」による、心身への影響

長期間、ストレッサ―の刺激を受けたり、強いストレッサ―を受けた場合、「ストレス反応」がおこります。
ヒトの場合、ストレス反応は、心理的、行動的、身体的反応として現れます。

心理的反応 行動的反応 身体的反応

情緒的反応として、不安、イライラ、恐怖、落ち込み、緊張、怒り、罪悪感、感情鈍麻、孤独感、疎外感、無気力など。
心理的機能の変化として、集中困難、思考力低下、短期記憶喪失、判断・決断力の低下などの障害が現れる。

怒りの爆発、けんかなどの攻撃的行動、過激な行動、泣く、引きこもり、孤立、拒食、幼児返り、チック、 吃音、ストレス場面からの回避行動など

動悸、異常な発熱、頭痛、腹痛、疲労感、食欲の減退、嘔吐、下痢、のぼせ、めまい、しびれ、 睡眠障害、悪寒による震えなど、全身にわたる症状が現れる。

このストレス反応は、生体の自然な適応反応と考えられています。
けれども個人差があり、同じ状況にあっても、すべての人が同じ症状や反応を示すわけではありません。

そして、この状況が長く続くと、ストレス障害と呼ばれる様々な障害や疾病のリスクが高くなります。

日常生活において、ストレッサ―(ストレスの原因)はあらゆるところに存在しています。
近親者の死別や、大きな環境の変化など、比較的強いとされるストレッサ―に遭遇した場合、その対処がなかなかうまくいかず、長期間ストレス状態に陥ることも少なくありません。

しかし、弱いと思われるストレッサ―(ストレスの原因)であっても、その対処が十分でないと、長期間ストレス状態におかれることになります。


ストレッサ―(ストレスの原因)に遭遇したとき、うまく対処できるような方法を身につけることが、ストレスとうまく付き合うカギなのかも知れません。

乳酸菌生産物質について

からだにまつわるあれこれ

原料・素材・成分などなど・・・

お客様の声

サービス一覧

Feyell〈フィエール〉とは?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

店長日記

店長イラスト

こんにちは!店長の関です。
ご来店ありがとうございます。
店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ