からだにまつわるあれこれ

腸内細菌は生まれた時からの相棒

私たちの腸内で、腸内フローラを形成している腸内細菌。
ところで、いったい彼らはいつから腸内にすみついているのでしょうか?


産まれたばかりの赤ちゃんの便を調べてみると、通常「無菌」です。

赤ちゃんは、産道を通って生まれ出るときに、初めて様々な細菌が棲む環境にさらされます。
そして、母親の体内に定着している細菌、出産に立ち会った近親者や医師・看護師、また環境などによって、
赤ちゃんの口に入った細菌が腸内に入り込むと言われています。


赤ちゃんの腸内フローラは、母親とよく似ているという話を聞きます。
母子は、血のつながりだけではなくて、腸内細菌のつながりもあるんですね。

ところで、父親由来の細菌は・・・?とも思いましたが、
赤ちゃんの腸内細菌はスキンシップも関係あるそうなので、
積極的に育児に協力しているお父さんからも、きっと受け継がれているのだと思います。


腸内細菌は、人生が始まったときからともに生きる仲間です。
いわば一蓮托生の間柄である腸内細菌と上手に付き合っていくことが、健康のポイントではないでしょうか。

Facebookページ

乳酸菌生産物質について

からだにまつわるあれこれ

原料・素材・成分などなど・・・

お客様の声

サービス一覧

Feyell〈フィエール〉とは?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

店長日記

店長イラスト

こんにちは!店長の関です。
ご来店ありがとうございます。
店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ