からだにまつわるあれこれ

おなかの中のバランスって?

おなかのバランスは思いのほか繊細です。

年齢とともに減っていく善玉菌

おなかの中には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」とよばれる腸内細菌がすんでいて、『腸内』という限られた場所の陣取り合戦を日々繰り広げています。

腸内細菌のエサは、私たちが食べた食事です。
ですから、
善玉菌が好む食事をすれば善玉菌が、

悪玉菌が好む食事をすれば悪玉菌が、元気になります。

腸内細菌のバランスは「善玉菌優勢」が理想とされています。

善玉菌は生活習慣の乱れやストレスなどで減ってしまいます。さらに年齢とともに減少してしまうことがわかっています。

バランスのとれた毎日を過ごすには・・・

悪玉菌が増えすぎないように心がける
● 暴飲暴食を控える
● ストレスを溜めこまないようにする
● お肉ばかりなどの偏った食事をしない
善玉菌が増えるような食事を摂る
【食物繊維】こんにゃく、海藻類、キノコ類、豆類、根菜など
【オリゴ糖】大豆、ごぼう、とうもろこし、たまねぎ、バナナなど
【発酵食品】納豆、みそ、キムチ、漬け物、ヨーグルト、チーズなど

目指すは〈2:1:7〉の黄金バランス!

理想の腸内菌叢バランス

腸内のバランスは、善玉菌「2」、悪玉菌「1」、日和見菌「7」の割合が、一般的に理想とされています。

決して、善玉菌100%の状態が良いわけではありません。
例えば「大腸菌」は悪玉菌ですが、外敵菌が侵入した場合にはこれを攻撃して、私たちの健康を守る役目も持っています。

このバランスが一時的に崩れると、便秘や軟便などの症状が現れます。

また、悪玉菌優勢の「バランスが崩れた状態」が長く続くと、悪玉菌が作り出す有害物質が私たちの健康に悪影響を与えます。

健康に大切なのは「バランスが取れた状態」を心がけることなのです。

乳酸菌生産物質について

からだにまつわるあれこれ

原料・素材・成分などなど・・・

お客様の声

サービス一覧

Feyell〈フィエール〉とは?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

店長日記

店長イラスト

こんにちは!店長の関です。
ご来店ありがとうございます。
店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ