原料・素材・成分などなど・・・

黒しょうがってどんなもの?

黒しょうが(ブラックジンジャー)とは

黒しょうが(ブラックジンジャー)最近よく健康や美容雑誌で、「黒しょうが(ブラックジンジャー)」という言葉を目にすることが多くなりました。
では、その「黒しょうが」とはいったいどんなものなのでしょうか?
「黒しょうが(ブラックジンジャー)」とはその名のとおりショウガ科の植物です。
ですが、私たちがいつもスーパーなどで目にしているショウガの味はしませんし、その断片を見てみると黒っぽい紫色をしています。
黒しょうがという名前の他に、日本では黒ウコンなどと呼ばれたりもします。

黒しょうがの歴史

タイ王国 黒しょうが(ブラックジンジャー)は、日本ではまだなじみのない植物ですが、タイ王国では「クラチャイダム」と呼ばれ、1000年以上も前から親しまれてる貴重な植物です。
タイの人々は健康維持のために、黒しょうがをスライスして煮出して飲んだり、お酒につけて薬酒にしたりしているようです。
しかし、黒しょうが自体がちょっと苦味とクセのある味ですので、この飲用方法はあまり日本人には向かないようです。


黒しょうがの成分と効果

黒しょうが(ブラックジンジャー)は日本でも2013年に食薬区分で「食」への分類が解禁となり、安全性が確認されているハーブです。
代謝を上げ体温を上昇させる働きがある交感神経活動を活性化させたり、体温上昇作用を持っていることが認められています。
ゆえに脂肪の分解・燃焼を促進してのダイエット効果、エネルギー代謝のUPや、冷え症への対策が、期待できます。

また、黒しょうがには様々な有効成分が含まれています。

黒しょうが


アントシアニン ブルーベリーにた多く含まれることで、有名なアントシアニンですが、黒ショウガにもたっぷり含まれています。眼精疲労によいといわれていますが、それだけではなく抗酸化作用も期待できます。
クルクミン ウコンに含まれている、クルクミンはウコンの一種である黒ショウガにも当然含まれています。肝臓の解毒機能を強化する作用などから、肝機能を助けたり、コレステロール値を下げる効果が期待できます。
グリシン コラーゲンを構成するアミノ酸の一種グリシンは、ハリのある肌への期待を持てるほか、良質な睡眠を促す効果があるとして有名です。睡眠の質が向上すると、食欲を抑制するホルモンの分泌が盛んになるため、特に女性にはうれしい成分です。
アルギニン アミノ酸の一種アルギニンは筋肉組織を強めたり、成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。また、血管の老化防止効果も期待できるため、体の中からの若返りができると言われています。
鉄分 多くの女性が慢性的に欠乏しているといわれる鉄分。血液内の赤血球を作るために必要な成分であることは、あまりにも有名です。二酸化炭素を外に出す役割をになっているので、新陳代謝がよくなるも効果も期待できます。

このように、黒しょうが(ブラックジンジャー)は、現代人にうれしい成分がたくさん含まれています。
無理なく上手に、食生活に取り入れていけたら、私たち頼もしい味方になってくれそうですね。

乳酸菌生産物質について

からだにまつわるあれこれ

原料・素材・成分などなど・・・

お客様の声

サービス一覧

Feyell〈フィエール〉とは?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

店長日記

店長イラスト

こんにちは!店長の関です。
ご来店ありがとうございます。
店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ