まとめページなど

ストレスを引き起こす条件

条件1・性格

ストレスを受けやすいとされる性格

真面目・頑固者タイプ

・何事にも熱心で、負けず嫌い。
・完璧を目指し、いつも忙しくしていないと物足りない。
・自分の考えをはっきり持っている。
・自分が仕事ができるだけに、人にも厳しい。

「怒り」がストレッサ―になる。少しのミスも大きな挫折感につながりやすい。

内気・お人好しタイプ

・おとなしく、内向的。
・嫌なことでも、人に頼まれれば断れない。
・まじめで仕事熱心のため、周囲からの信頼も厚い。

無理がたたって、身体の不調という形でストレスが現れやすい。

世話好き・気配りタイプ

・責任感が強く、仕事をそつなくこなし、人付き合いではたえず気を配る。
・世話好きで、自分よりも周囲や会社のことなどを優先しがち。

慣れ親しんだ環境が変わったり、
尽くしてきた人がいなくなったりすると喪失感に襲われやすい。

心配性・こだわりタイプ

・やってみなければわからない先のことが常に心配で不安。
・先のことを心配して、「うまくいくだろうか」「失敗しないだろうか」とかんがえてしまう。
・番理想が高いために、自分のだめな部分や、できていないことに注意が向きやすい。
・自分自身の問題にとらわれるあまり、よけいに苦悩が深まり、思考の悪循環にはまりやすい。

常に感じている「不安」が大きなストレッサーになる。

条件2・状況

ストレスを受けやすいとされる状況

・近親者の死や、目標を見失ったなど、喪失感が強まっているとき。
・睡眠不足や過労、体調不良など、身体的に調子が良くない時。
・転居や転勤などの環境の変化。
・女性の場合、出産や更年期などホルモンのバランスが変化する時期。

条件3・環境

ストレスを受けやすいとされる環境

・自信や、自分が価値のある存在であると認める感覚を持てない環境。
・人からの協力やサポートを得にくい環境。
・たえず身体的・心理的に脅かされ、安心感を維持できない環境。

この、ストレスを引き起こしやすい条件にある個人が、ストレッサーによって刺激され、ストレス状態になります。

  • 2018.06.20
  • 13:32

慢性疲労症候群の診断基準

慢性疲労症候群の診断基準

日本の厚生労働省における、慢性疲労症候群の診断基準は以下の通りです。

大基準2項目に加えて、小基準の「症状基準8項目」か、「症状基準6項目+身体基準2項目」以上を満たすと『慢性疲労症候群(CFS)』と診断する。


大基準 小基準
症状基準 身体所見基準
※2回以上医師が確認
1)生活が著しく損なわれるような強い疲労を主症状とし、少なくとも6ヶ月以上の期間持続ないし再発を繰りかえす(50%以上の期間認められること) 1)微熱(37.2~38.3℃)ないし悪寒 1)微熱
2)咽頭痛
3)頸部あるいは腋窩リンパ節の腫脹
4)原因不明の筋力低下 2)非浸出性咽頭炎
5)筋肉痛ないし不快感
6)軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感
7)頭痛 3)リンパ節の腫大(頚部、腋窩リンパ節)
8)腫脹や発赤を伴わない移動性関節痛
2)病歴、身体所見、検査所見で別表に挙げられている疾病を除外する 9)精神神経症状(いづれか一つ)

● 羞明(強い光を受けた際に、不快感や眼の痛みなどを生じる)
● 一過性暗転(視野の一部が一時的に見えにくく、または見えなくなる事)
● 物忘れ
● 易刺激性(、ささいなことをきっかけにして周囲に対して不機嫌な態度で反応しやすい状態)
● 錯乱
● 思考力低下
● 集中力低下
● 抑うつ
A: どちらにも当てはまる 8項目を満たす
B: どちらにも当てはまる 6項目を満たす 2項目を満たす

大基準2項目に加えて、小基準の「症状基準8項目」か、「症状基準6項目+身体基準2項目」以上を満たすと『慢性疲労症候群(CFS)』と診断する。


● 別表2

1: 悪性腫瘍
2: 自己免疫疾患
3: 限局性感染症(潜在膿瘍など)
4: 急性・慢性細菌性感染症(心内膜炎・ライム病・結核など)
5: 真菌性感染症(ヒストプラズマ症・分芽菌症・コクシジオイデス症など)
6: 寄生虫感染症
7: HIV感染症
8: 精神神経疾患
(分裂病・躁うつ病・脳損傷・変性などの器質的脳病変による精神疾患)
9: 慢性炎症性疾患(サルコイドーシス・ウェゲナー肉芽腫症・慢性肝炎など)
10: 神経筋疾患(多発性硬化症・重症筋無 力症など)
11: 内分泌疾患(甲状腺機能低下症・アジソン病・クッシング症候群など)
12: 薬物依存(アルコール・モルヒネ・コカインなど)
13: 中毒(溶剤・殺虫剤・重金属など)
14: その他の慢性疾患(呼吸器・心臓・消化器・肝臓・腎臓・血液疾患)



■ 関連コンテンツ

»慢性疲労症候群とは

»慢性疲労とは

  • 2018.06.20
  • 13:33

健康や美容に関する からだにまつわる ちょっとしたおはなし 

Feyell<フィエール>サプリ・食品の原料・素材・成分にまつわるおはなし

原料・素材・成分などなど

Feyell<フィエール>で取り扱っているサプリメントや食品の、原料や素材、成分についてまとまめした。

うれしいお客様からのお声

うれしいお客様からのお声

Feyell<フィエール>では、ご愛飲中のお客様からたくさんのうれしいお声をいただいております。ここではその一部をご紹介いたします。

※個人の感想であり、効果には個人差があります。

デイリーシャント お客様からのお声

仕事柄、夜遅くまでパソコンを使って調べ物をしたり資料作成をしたりしているため、不規則な生活を送りがちだったのですが、30歳を超えてからは朝スッキリ起きることが出来ず、慢性的に疲労を感じている状態が続いていました。
それでも1年くらいは、何となく寝起きの悪さに耐えてきたのですが、徐々に日中に強い眠気を感じるようになり、集中力が低下するなどの悪影響が生じるようになったので、危機感を覚えて様々調べたところ、知人の紹介で「デイリーシャント」を教えてもらいました。
もともと健康食品には関心があった方ですが、テレビ特集で「乳酸菌生成物質」について知る機会があったため、まずはお試しで1か月間使ってみることにしました。・・・(続きを読む)

乳酸菌生産物質について

からだにまつわるあれこれ

原料・素材・成分などなど・・・

お客様の声

サービス一覧

Feyell〈フィエール〉とは?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

店長日記

こんにちは!店長の関です。
ご来店ありがとうございます。
店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ