乳酸菌生産物質について

乳酸菌生産物質を知ろう!

乳酸菌生産物質ってなんだろう?

乳酸菌生産物質についてもっと知りたい!


そんなときは、このページから!


乳酸菌生産物質の良い話


自分の身体を守るには、腸の健康が大切!
「乳酸菌生産物質」を摂取して、
本来の自分のチカラを呼び覚まそう!


 乳酸菌生産物質って?


 ・善玉菌が作り出す優れた成分
 ・自分が持っている善玉菌をさらに元気に
 ・摂取した栄養成分をより効率的に


これらのことについて、次から説明していきましょう。




 守りのチカラと善玉菌

もともと人間は、風邪などの外敵や疲れに対抗して自分自身を守るチカラを持っているものなのです。

しかし、食生活の乱れや生活リズムの乱れ、加齢などの影響でそのチカラは弱まってしまいます。

きっとそう感じている方も多いのではないでしょうか。


実は、そのチカラを司っているのはおなかの中、すなわち腸内なのです。


腸内には善玉菌や悪玉菌などと呼ばれる細菌が棲みついているという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

腸内の善玉菌は、さまざまな要因からくる身体への悪影響を抑えるためのスイッチになっていることがわかっています。

そのため善玉菌が減ると、消化吸収力の低下や免疫力の低下などのトラブルになってしまうのです。

便秘や下痢も引き起こすので腸内の状態はさらに悪化し、悪いサイクルに陥りがちです。

ヨーグルトなどを食べて腸まで届く乳酸菌(いわゆる善玉菌)を摂るのはそのサイクルを止めるためですね。


 善玉菌と乳酸菌生産物質

善玉菌は体に良い成分を作り出し、悪玉菌は毒素を作り出すので、善玉菌が優勢でないと身体に悪い影響が出てきます。

しかし腸内で善玉菌がきちんと働いてくれない限り、良い成分も作り出すことができません。

食生活や生活リズムの乱れによっておなかの中の環境が悪くなれば、いくら善玉菌が優勢でもきちんと働くことができなくなってしまうのです。


そこで私たちが注目したのは「乳酸菌生産物質」です!


この「乳酸菌生産物質」は、善玉菌が腸内で作り出す成分をおなかの中と似たような条件で作り出したものなので、自分のおなかの中の状態が良くない時でも善玉菌の出す優れた成分を摂取することができるのです。

また、その優れた成分はもともと自分の腸内に棲んでいる善玉菌を元気にしてくれるチカラも持っています。

そのため腸内の状態も良くなり、さらに善玉菌が元気に働きやすくなることで自分自身を守るチカラを取り戻すことができるのです。


腸内の状態が良くなると栄養成分の吸収も良くなるため、摂取する体に良い成分をたくさん吸収することができそうですね。

乳酸菌生産物質をさらに知る

乳酸菌生産物質をさらに知る

乳酸菌がカラダに与える優れた働きはみなさんご存じの通りですが、乳酸菌生産物質は乳酸菌よりも進化した、いま注目の健康素材です。

乳酸菌生産物質とは、文字通り「乳酸菌」やビフィズス菌といった善玉菌が作り出す(「生産」する)「物質」のことで、実はこれこそが健康にとても重要なものなのです。

というのも、乳酸菌が作り出したこの物質には、アミノ酸をはじめ、たくさんのカラダに良い成分が含まれているからです。



 乳酸菌生産物質に含まれる成分の一例「アミノ酸」~Feyell調べ

 必須アミノ酸
 ヒロチジン 1.47g/100g
 イソロイシン 2.72g/100g
 ロイシン 4.73g/100g
 リジン 3.64g/100g
 メチオニン 0.87g/100g
 フェニルアラニン 2.99g/100g
 スレオニン 2.25g/100g
 トリプトファン 0.75g/100g
 バリン 2.86g/100g
 その他
 アルギニン 4.16g/100g
 チロシン 2.25g/100g
 アラニン 2.44g/100g
 グリシン 2.25g/100g
 プロリン 3.30g/100g
 グルタミン酸 10.90g/100g
 セリン 3.03g/100g
 アスパラギン酸 6.57g/100g
 シスチン 0.82g/100g

 GABA 44.00mg/100g




 自分の善玉菌を元気にする!


グラフ 乳酸菌生産物質試飲後の善玉菌増殖

ヨーグルトに代表される乳酸菌のウィークポイントは、どんなに優れた菌を摂ってもおなかの中には長く留まらない、「自分の乳酸菌」自体はなかなか増えない、ということ。

ここが乳酸菌生産物質の健康に対するアプローチと大きく異なる点なのです。

健康のためには、おなかの中にあるその人固有の乳酸菌を増やすことが大切です。乳酸菌生産物質を摂ることが、おなかの善玉菌が増えやすい環境をつくり「自分の乳酸菌」を増やし元気にさせる近道なのです。




もともと自分が持っている善玉菌を元気にすると、さらに代謝物が増えるという良い循環が生まれます。

『カラダに良い成分をたくさん含んだその物質(=乳酸菌生産物質)が人を健康にする』というメカニズムに基づいて、乳酸菌生産物質は約70年前から研究・生産され続けています。

わたしたちFeyellは、伝統的製法に現代的改良を加えた進化形の乳酸菌生産物質を提供してまいります。

乳酸菌と乳酸菌生産物質

乳酸菌と乳酸菌生産物質

 乳酸菌と乳酸菌生産物質の違い

「乳酸菌生産物質は生きて腸まで届きますか?」と、ご質問を受けることがあります。

乳酸菌生産物質の説明の中で、『乳酸菌』『腸』『健康』などの単語のイメージから、
乳酸菌生産物質=乳酸菌の一種、と思われているのかもしれません。


けれども、「乳酸菌生産物質」と「乳酸菌」、実はこの2つは全く異なる性質の名称です。

乳酸菌と乳酸菌生産物質

【乳酸菌】

「ガセリ菌」「ラクティス菌」「ブルガリスク菌(ブルガリア菌)」などの、
乳酸を産出する、菌の総称



※乳酸菌の定義のひとつに、「糖(グルコース)を分解して作る代謝物の50%以上が乳酸であること」があります。
ビフィズス菌も糖から乳酸を作り出しますが、それ以上に酢酸を作り出すため、厳密には乳酸菌の一種とは言えません。

【乳酸菌生産物質】

乳酸菌やビフィズス菌が、発酵時に産出する、物質の総称

乳酸菌やビフィズス菌は、乳酸のほかにも様々な成分を産出しています。また、その成分はエサとなる培地や菌の種類、生育環境により異なります。

※ サプリメント原料などの名称で、「乳酸菌生産物質」のほか、「乳酸菌生成エキス」「乳酸菌生産エキス」などの名称があり、メーカーにより、使用する菌や培地は異なります。

このように、「乳酸菌」は、乳酸をつくりだす菌の、【生物の総称】。
一方、「乳酸菌生産物質」は、乳酸菌が発酵の過程でつくりだす【物質の総称】です。物質ですので、生死はありません。

では、なぜ「乳酸菌は生きて腸まで届くのが良い」と言われているのでしょうか?


 乳酸菌が生きて腸まで届くと・・・?

実は生きた乳酸菌を食べたとしても、多くは腸にたどりつくまでに胃酸や胆汁などの影響を受けて死滅してしまうため、生きて腸まで届くことはほとんどありません。
なので最近は、胃酸などに強い菌や、腸で溶けるカプセルに生菌を入れた製品などが盛んに開発されています。

ですが、生菌(生きている菌)が腸にたどりつけても、おなかの中に定着することが難しいと言われています。



腸内には、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」などが腸内フローラをつくっています。
腸内フローラとは、産まれたときから腸内にすみついた様々な菌が生存競争を繰り返し、その人の腸内環境に合った菌がつくりあげた生態系です。

乳酸菌が、たとえ生きたまま腸内にたどりついたとしても、
腸内で腸内フローラを形成している腸内細菌(常在菌)に「異物」とみなされ排出されてしまうのです。

生菌を食べても、おなかに定着することが難しいと言われるのはそのためです。



では、なぜ機能性ヨーグルトやサプリメントなどで「生きて腸まで届く乳酸菌」が話題なのでしょう・・・?

それは「イメージの良さ」ということもあるのかもしれません。
生きたまま腸に届くと、そのまま棲みついてくれるというイメージがありますし、
「活きの良さ」を好む日本人にとって、死んでしまう乳酸菌より生きて腸まで届く乳酸菌のほうが良いイメージがあるのかもしれません。

けれども、生菌が腸内に定着することは難しいことは先述のとおり。

でも、トクホになっている「生きたまま腸に届く乳酸菌」のヨーグルトや生菌のサプリメントが、
実際に腸内の環境を改善することがわかっています。


その理由として次のようなことが考えられます。

腸内に生きてたどりついた菌が便として排出されるまでの間に
生産した物質(=乳酸菌生産物質)が腸内環境に影響を与えている。

腸内にたどりついた菌が死んでしまった場合は、
それ(死菌体)が善玉菌のエサとなり、結果として腸内の菌が増える。

【生きてたどりついた菌】

【死んでしまった菌(死菌)】


①腸内に生きてたどりついた菌が、便として排出されるまでの間に、生産した物質(=乳酸菌生産物質)が腸内環境に影響を与えている。

②腸内にたどりついた菌が死んでしまった場合は、それ(死菌体)が善玉菌のエサとなり、結果として腸内の菌が増える。


このように、腸内の善玉菌を増やしているのは、乳酸菌が生産した物質=「乳酸菌生産物質」であり、「死菌体」である、ということも言えるのかもしれませんね。

  • 2016.07.20
  • 15:23

乳酸菌生産物質ができるまで

乳酸菌のチカラの結晶~乳酸菌生産物質

乳酸菌生産物質は、乳酸菌・ビフィズス菌を使って、国産大豆豆乳を発酵させてつくります。

乳酸菌生産物質製造のおもなポイントを3つ、まとめてみました。


乳酸菌生産物質をつくるための主なポイント


 Point 1 よりぬきの乳酸菌・ビフィズス菌を使用!

腸内には、「腸内フローラ」と呼ばれる腸内細菌の生態系があり、その働きのひとつとして「様々な物質を生産(代謝)していること」があります。

そして、その生産している物質が「人の健康にとって、良いか・悪いか」によって、腸内細菌は、「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3種類に大別されています。

乳酸菌生産物質は、
「善玉菌が生産している 【人の健康にとってよい物質】 を、直接摂ることはできないか?」という発想からつくられています。

ですから、乳酸菌生産物質をつくるにあたって、腸内は理想の環境モデルです。


腸内に棲んでいる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、1種類ではありません。
膨大な種類の善玉菌が、一緒に生活しています。
なので、乳酸菌生産物質を製造する場合も、できるだけ多い種類の乳酸菌やビフィズス菌を一緒に育て、
そこで生産された物質を取り出すことが理想です。


ところが、実はこの「異なる種類の菌が一緒に生活している」環境をつくり出すことはなかなか難しいのです。
たとえば3種類の異なる菌を一緒に、人工的に育てて増やす(=培養)場合、
チカラのバランスや相性によって、いつの間にか1種類の菌しか残っていない…ということがあります。
そのため、一緒に培養しても、お互い育ってなおかつ力の強い、相性の良い菌を探さなければなりません。

Feyell<フィエール>の乳酸菌生産物質サプリメントは、より良い乳酸菌生産物質製造のために選び抜かれた、
よりぬきの乳酸菌とビフィズス菌・16種類を使用しています。



 Point 2 乳酸菌生産物質をつくるために最適な発酵環境!

乳酸菌生産物質は、乳酸菌とビフィズス菌が、発酵する時につくり出されます。
ですから、乳酸菌やビフィズス菌が、より良質でより多くの乳酸菌生産物質をつくりだせる環境づくりが大切です。

長年の研究の結果、ヒトの腸内を参考にした環境で、温度や時間を管理しつつ発酵させています。


 Point 3 培地(菌のエサ)は、国産大豆のできたて豆乳!

たまごの黄身がオレンジ色だと、おいしそうですよね。
実は、あの色はオレンジ色のエサを与えているから、ということはご存知でしょうか。
青い色のエサを与えると、青い黄身のたまごができるそうです。

つまり、ニワトリの食べるエサによって、できるたまごの質が違ってくる、ということ。
これは菌と乳酸菌生産物質の関係も同じです。


乳酸菌生産物質の製造にあたって、その品質のカギとなるのは「菌」と「培地」です。
いくら素晴らしい菌でも、エサ(=培地)の品質が劣っていればそれなりものしかできません。


Feyell<フィエール>の乳酸菌生産物質は、乳酸菌・ビフィズス菌のエサ(=培地)に「豆乳」を使っています。
原料の大豆は品質にこだわり、農薬などを使わずに自然のままに育てられた良質な国産品のみを厳選して使用。
乳酸菌生産物質の製造時に、毎回手づくりされているので、大豆と水のほかに余分なものは入っていません。


豆乳を培地に選んでいるのは、原料の大豆は私たちの健康に必要な栄養が豊富に含まれた食品で
乳酸菌やビフィズス菌が発酵するうえで良い栄養成分となるためです。


  • 2016.07.20
  • 15:20

乳酸菌生産物質と発酵

Feyellの乳酸菌生産物質は、国産大豆の豆乳を乳酸菌とビフィズス菌で発酵させてつくられます。
発酵すると、なぜ、乳酸菌生産物質ができるのでしょう?
そもそも、「発酵」ってどんなことを指すのでしょう?

ここでは、乳酸菌生産物質をつくるために欠かすことのできない「発酵」についてご説明いたします。



 発酵とは?

日本人になじみの深い、みそやしょうゆ、ぬか漬けなどは、誰もが知っている「発酵食品」です。
発酵により、長期間の保存ができる「発酵食品」は、日本に限らず世界中で昔から食べられています。
乳酸菌生産物質も、国産大豆豆乳を乳酸菌・ビフィズス菌で発酵させた「発酵食品」ともいえます。

発酵食品は、微生物の働きによって食品の中に含まれる糖質やたんぱく質が分解され、
新たな成分がつくり出され(代謝)、味やかおり、外観が変化したもの。

実は、この「発酵」のしくみは「腐敗」と同じです。

では、「発酵」と「腐敗」の違いはどこにあるのでしょう。


「発酵」とは、微生物の働きによって、人に有益なものがつくりだされることです。

「発酵」と「腐敗」の区別は、微生物の種類や、微生物がつくりだしたもの(代謝物、生成物)の違いではありません。
人にとって、有益か有害か、で決まるのです。
これは、カラダにとって良いか否かではなく、それが、人にとって「アリ」か「ナシ」かという、価値観に基づいています。
つまり、カラダにとって害がなくとも、不快なにおいや味ならば「腐敗」と言われます。

発酵と腐敗の違いは人にとって有益か否か 例えば、納豆やくさや、鮒ずしなどの臭いの強い発酵食品は、
その存在を知らない海外の人から見れば腐敗していると感じてしまいます

「発酵」における「有益」の定義は、人の価値観に基づく「アリ」か「ナシ」か、ですが、
「発酵食品」においては、「人の身体にとって有益」であることには間違いありません。

 発酵食品がからだに良いわけ

食品は発酵させることによって、次のような効果があります。

消化・吸収しやくなる

食品は発酵することにより、その中に含まれる栄養素が微生物の働きによって
細かく分解されたりほかの成分に変化することによって、消化の準備ができている状態です。
ですから、胃や腸での消化・吸収がしやすいのです。


 もとの食品にはなかったからだに良い栄養素がつくられる

発酵の過程で、微生物は食品に含まれる栄養素を細かく分解し、
アミノ酸やクエン酸、ビタミン類など、新たな成分を合成したり
全く新しい成分を産生したりします。


 長期間保存できる

発酵食品の多くは、長期間保存できるという特徴があります。
長期間保存できる理由のひとつに、発酵作用のある微生物には、
ほかの微生物の繁殖をおさえる作用があることが挙げられます。
また、発酵によって生まれた成分そのものが殺菌作用を持つ場合もあります。
保存性が高いということは、保存料などの添加物を使わずに商品化することも可能です。

 乳酸菌生産物質が発酵から生まれるわけ

Feyellの乳酸菌生産物質は、16種類の乳酸菌・ビフィズス菌で、豆乳を発酵させています。

大豆はからだに良い栄養が豊富に含まれた食品であることはよく知られています。
発酵により、その栄養分が細かく分解されます。
また、その分解された成分の一部は、乳酸菌やビフィズス菌の働きにより新たな成分につくり変えられます。

そして、乳酸菌やビフィズス菌は、様々な成分を自らつくりだしています。
この成分は、菌種によってつくり出すものも異なります。
そのため、お互い協力し合いより多くの成分をつくり出す菌を集め発酵させることが重要です。

このように、乳酸菌生産物質は、菌の自然な営みから生み出されている成分なのです。


  • 2016.07.20
  • 15:25

乳酸菌生産物質について

からだにまつわるあれこれ

原料・素材・成分などなど・・・

お客様の声

サービス一覧

Feyell〈フィエール〉とは?

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

土曜、日曜、祝日はお電話でのご注文受付、お問合せ対応、発送業務はお休みさせて頂いております。
ネットのご注文は24時間承っております。

店長日記

店長イラスト

こんにちは!店長の関です。
ご来店ありがとうございます。
店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ